山中産業の目指すところ
新社屋の建設、そして新事業
創業から50年を続けてきた山中産業株式会社は、2013年11月、大阪本社が新しく生まれ変わりました。大阪本社にはショールームを常設。もっと身近に山中産業を感じていただけるよう、独自のラインナップにて皆様をお待ちしています。

そして2014年、「住」の分野で皆様の暮らしに新たな風を吹き込んできた山中産業は、新事業として「食」の分野への展開を予定しています。第1弾として、全国名産品の通販サイト「魅尽旦」を開始いたしました。全国を飛び回る山中産業担当営業が選りすぐった食材をご堪能ください。
http://www.mitsudan.jp/

変わり続けることで、日本の文化を守り続ける
これからも山中産業株式会社は挑戦をやめません。それは、常に新しいことに挑戦することが、「畳」という日本の文化を守ることにつながることだと信じているからです。創業時から見ると、日本人のライフスタイルは大きく変わり、和室を持つ家はすでに“贅沢である”とさえ言われるようになりました。これからも、伝統文化を守りながら、畳を中心とした新しい生活スタイルを、山中産業は提案し続けます。「住まい」の文化に長年携わってきた山中産業の新しい取り組みにご期待下さい。